自己都合と会社都合

転職サプリ >

わかる!雇用保険〜自己都合と会社都合について

仕事を辞めるときに聞かれるのが「自己都合」「会社都合」の部分です。 この部分は書類にもしっかりと記載されることになります。 聞きなれない言葉ですがこれは一体どういう意味でしょうか?

「自己都合」とは自分側の理由で辞めたことを意味します。8割以上の人は自己都合の退職ではないでしょうか。 反対に「会社都合」とはリストラでの解雇や定年退職など辞める気がなくても辞めざるを得ない場合のケースを意味します。

1番違うのは給付スタートの時期

仕事をやめて雇用保険の申請をする。 そして給付が始めるわけですが雇用保険がすぐ給付されるのか3ヶ月後から給付されるのか。 これが自己都合と会社都合の1番の違いです。

会社都合に関しては申請の直後からもらえます。自己都合に関しては3ヶ月のインターバルを置いたあとに 給付が始まります。もちろんその間は求職活動をしていなければいけません。

もらえる期間も違います

会社都合の場合、自己都合にくらべて給付の期間が長くなります。 といっても大きく差がでるのは勤続年数が5年以上になってからです。 どのくらい違ってくるのかは下の表で確認してみましょう。

入ってた期間 半年以上
1年未満
1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
【一般資格受給者】(自己都合や定年退職はこちら)
全年齢共通 90日 90日 90日 120日 150日
【特定受給資格者】(倒産、解雇などにより離職を余儀なくされた人)
30歳未満 90日 90日 120日 180日
30歳以上
35歳未満
90日 90日 180日 210日 240日
35歳以上
45歳未満
90日 90日 180日 240日 270日
45歳以上
60歳未満
90日 180日 240日 270日 330日
60歳以上
65歳未満
90日 150日 180日 210日 240日

やっぱり会社都合が良いけれど・・・

会社都合でやめることが出来ればすぐに雇用保険の給付をうけることができます。 だから気持ち的には会社都合でやめたほうが嬉しいですよね。

しかし、細かくは説明しませんが企業からしてみると会社都合というのは大きな負担になるものです。 だから会社都合で辞めてもらうというのは非常に都合の悪いことなんです。

そもそも特定の理由(リストラ、倒産)などの理由がなければ会社都合ではやめることが出来ないのですが・・・ 最近になってインターネット上には裏技としいて会社都合でやめる方法が出回っています。 (裏技というか雇用保険の条文を読めば書いてあることなんですよね)。

1番気になるのは”自己都合”の場合は3ヶ月後に給付がはじまるということ。

たぶん大半の方は会社を辞めるにあたって”自己都合”扱いになると思いますが、 この場合「やめてから給付が始まるまで3ヶ月のインターバルがある」ことが1番ネックになります。

「3ヶ月・・・暇だ・・・」

正直、3ヶ月も空いてしまうのであれば、ちゃんと転職活動をしてしっかりお給料をもらったほうが得かもしれません。 まだ20代前半で年齢も若くて「ちょっと3ヶ月ほど留学でもしてくるかな〜」なんて軽いフットワークで語学留学でもできるのであれば一石二鳥ですが、 そう3ヶ月を友好活用できる人も少ないのではないでしょうか。

そんな会社都合を希望する皆さんにとって効果的なのが、マイペースに転職活動ができる転職サイトです。 例えば 完全に自分の都合で活動ができるリクナビNEXTのような転職サイトもあります。

リクナビのような検索して自分で面接を申し込むような転職サイトの場合、自分で探したいときに探せるので時間が完全に自由です。 暇をしている3ヶ月間のあいだにちょちょっと探して・・・なんてことももちろん大丈夫です。

もちろん会社都合で給付されているみなさんでも、お金をもらいながら仕事を探してもいいと思います♪

退職手続き