小売の仕事内容

HOME > 事務の仕事内容

事務の仕事内容まとめ

事務その1.電機メーカーの商社で9年間営業事務をしていました。

私は9年間ほど商社で正社員の営業事務として従事していました。

大手電機メーカーの代理店商社で、私が所属していた部署は車のパーツを提携している自動車メーカーなどに卸す業務がメインでした。男性の方が多く自由な雰囲気の職場でした。

私の担当していた取引先からのオーダーに対して在庫が無いものはメーカへ発注をして、納期管理及び在庫管理、また納入の手配も行っていました。

営業担当者の計数管理や顧客フォロー及びメーカーへの納期調整などの折衝ごとが多かったのが精神的にも大変でした。

なるべく顧客の要望に応えながらメーカーの対応可能納期に沿うように調整するように尽力しました。

在庫過多になっている商品が多くあったのが問題となっていましたが、私が入社してからは年々在庫過多が解消されていったことが嬉しかったですしやりがいを感じていました。

ほとんどの仕事がパソコンを使ったもので、専用のソフトやエクセルを使って在庫管理や発注をしていました。そのため、MOSのエクセルとワードの資格を所有していましたので大変役に立ちました。

社内文書や社外部署、宛先シールの作成などはワードを使っていましたのでマイクロソフトオフィスの資格を取得していたのが強みとなりました。

残業はせずになるべく定時までに帰れるように、自分の担当の業務を合理化するように自分なりに工夫をしていました。その甲斐があって、入社して半年を過ぎたころには定時で帰ることができるようになりました。

午前中にしなければならないルーティンワークがありましたので、それを早めに片づけてから余裕をもって他の仕事ができるように心がけていました。

ブラインドタッチのスピードが速かったのも業務にとても役立ちました。



事務その2.事務の一環で従業員の勤怠管理から社会保険の手続きもしていました。

私は薬品を製造している工場の事務員として働いています。 工場には約300人の従業員がおり、男女比が1対2くらいです。 パートやアルバイトはいないので、ほぼ年功序列となっています。 従業員は主に工場のラインで仕事を行っています。他には品質管理の部門や事務、設備、出荷担当などがあります。

私の仕事内容は従業員の勤務や残業などの管理、社会保険などの手続き、備品・消耗品などの購入など庶務的な内容です。 それらの仕事を行いながら、電話応対や来客応対をしています。

従業員の勤務や残業などの管理についてはおもにパソコン入力作業になり、届け出のあった残業や有給などの情報入力をしています。 データ管理は本社で行うので本社とのやり取りを行います。

備品・消耗品などの購入は業者へ発注し、届いたものの仕分けや配布を行います。 業者からの納品書の確認入力作業や請求書の確認を行い、支払いをします。 こちらも作業はパソコンで管理しているのでパソコン入力作業が多いです。

社会保険の手続きは健康保険や年金などの手続きで、請求があったり扶養などの届出などの従業員に必要な書類を渡したり、 提出された書類を確認しています。

電話応対や来客応対は工場なので資材などを納めに来る業者さんが主です。限られた業者さんのみが来るといった感じなので、会社名や名前なども覚えやすく比較的応対しやすいです。

事務の仕事なので勉強や資格は必要ありませんが、 社会保険の手続きの話を従業員の方とするため、社会保険の知識が必要となりました。 仕事をしながらファイナンシャルプランナーの資格をとり、制度のしくみや内容を説明するときに役立てています。

平均年齢が40歳くらいの工場なのであまり若くはないですが、ベテランの方ばかりで入社退職があまり激しくないので働きやすいと思います。 本社があるので本社の指示によって働いているという感じも強いです。

事務その3.医療事務は受付やレセプト業務がメイン

医療事務という仕事は、資格講座の広告にもよく載っている広く知られた職種だと思います。

この仕事についてまず言いたいのは、資格がなくても仕事はできるということです。 これは国家資格ではないので資格がないとこの仕事をしてはいけない、ということはありません。

私は講座に通って資格を取ってからこの仕事に就きましたが、私と一緒に仕事をしていた人は資格を取ってませんでした。

仕事の内容は普段は医療機関の受付や会計、月末の10日間ほどはレセプト作業に追われます。

レセプト作業とは治療費の、保険組合などへ請求する額を計算する作業です。 このレセプト作業はその月に来院した患者さんの数だけの枚数の表を見ながら数字を拾って計算するデスクワークです。 これが医療機関の収入の大きな部分を占めますから、間違いは許されません。

数人がかりで連日遅くまで作業します(医療機関によって違うと思いますが・・、定時に帰れるというところもありますし。 それぞれのITの導入ぐあいにもよる)。それ以外の日はだいたい8時間勤務です。

仕事でありがちなミスとしては、会計で使う計算機の扱いです。 普通のお店のレジとは違い、医療機関専用に作られたものも多くキーの配列が独特なので、それに慣れるまでちょっと大変です。

とくにパソコンやスマホに慣れている人だと、それらの癖が出てしまいよくキーを押し間違えます。

お医者さんや介護の人達など事務以外の人達との連携も大事で気が抜けません。 気を使うことも多いです。 そういうことで失敗してしまうことが何回かあり、落ち込むこともありましたが 仕事場以外のところで通院されている人に声をかけられたときには、こんな私でも覚えてもらえていると嬉しかったです。

この仕事は女性が多いと思います。この職種特有かどうかわかりませんが、 新人のときはとにかく教えてもらうことが多いので(資格を取っていても医療機関それぞれで違うことが多いので、 けっきょく仕事の大部分は教えてもらうことになる)、素直なかわいい後輩でいることが大事だと思います。

この仕事についている人の平均年齢はわかりませんが、私がいた職場では自分の親くらいの女性が何人かいました。

お給料は、決していいとは言えません。勤務時間を考えると割安だと思います。お正月の3が日を確保するのも難しい仕事です。

事務その4.やりがいを感じられた医療事務の仕事

医療事務として総合病院で働いていました。医療事務の仕事内容は、配属された部署によってかなり違ってきます。私が配属された部署は、外来の内科でした。

内科のクラークとしての仕事は、患者さんの受付や案内、カルテ準備、レセコン入力、レセプトの点検など様々行います。 配属される科によっても忙しさが違うことがあります。内科は比較的に忙しいので、1日中立ちっぱなしのこともよくありました。

ほとんどの病院では電子カルテが導入されています。ある程度パソコンを操作できることが求められます。 私の場合、たまたまパソコン操作が得意だったことから、その点は苦労なく仕事を覚えることができました。

私が勤めていた病院の医療事務の人員は、100人近くいました。総合病院なので科がいくつもありますし、外来だけでなく病棟にも配属されます。 この他、レセプトのみを担当するスタッフや夜間受付スタッフなどもいました。 男性は3人いるだけで、あとは女性ばかりでした。半日パートやフルパートの方が多いです。

年齢層も下は22歳から上は60歳近いベテランの方もいました。特に、30代と40代の女性が多かったです。 子育てを終えて再就職し、定年まで勤めるというパターンが多い感じがしました。

給料的には、それほど高いとは言えません。正社員でも16万円ぐらいでした。 ただ、夜間受付にヘルプに入ると20万円近くになることもあります。他の職業に比べて高いとは言えませんが、患者さんのサポートをする仕事なので、 とてもやりがいを感じながら働いていました。