職歴がない

転職サプリ > 職務経歴書の書き方がわかる! > 職歴がない&多い。そんなときどうやって経歴書を書けばいいのか!?

職歴がない&多い。そんなときどうやって経歴書を書けばいいのか

職歴がないときの職務経歴書の書き方。

最近では非正社員の割合が増え、実に40%近い方がそうだと言われています(非正社員の割合38.7% 「早く5割超えろ」の声も)。 転職を考えたけれども職務経歴書の職歴の欄になにを書けばいいのかわからない。または自信がない。という方がたくさんいらっしゃいます。

また逆に転職回数が多く、書く職歴が多くて困っている・・・という方もいらっしゃいます。

職歴がない、または多すぎる。
そんなときに、どのように職歴の欄でアピールすればいいでしょうか?

職歴がなくても書類審査に通過したい!

正直なところ職歴がない経歴書で応募をしても、書類面接で落とされてしまう可能性は高いです。 なかなか転職までたどり着けずに疲れてしまう方もいらっしゃると思います。

ただ、だからと言って、せっかく出したやる気をなくして、転職への道を諦めてしまうのも勿体ないと思います。

この場合、対策の1つとしては「職務経歴書、履歴書、送付状」のセットのほかに資料を1枚作ってやる気をアピールしてみるのはどうでしょうか。 企業分析をしたうえで、自分のやる気を資料におとしてやる気をアピールするわけです。

当然、その資料1枚作るのに1週間ぐらいかかるかもしれません。やる気も空回りに終わって審査に通過しないかもしれません。 ただ、そういった行動力はいつかどこかで報われる可能性が高いです。自分の自己PRの手段としてそういった方法もありだと思います。

アルバイトや派遣社員から正社員を目指してみる。

少し視点を変えてみてホップステップジャンプ方式で、最終的に正社員の道を目指してみてはどうでしょうか。 つまり、アルバイトや派遣社員でまずは職歴となる経験を積み、”経験”という助走をつけて正社員を目指す。というやり方です。

探せばアルバイトでも「営業」などの職種があるかもしれませんし、派遣社員であれば正社員雇用よりぐっと合格率は高くなります。 アピールできるような職種を選んで、そこで1〜2年頑張ればれっきとした経験になるわけです。

また、正社員での経験をつけるため、あえてブラックな企業に飛び込む。というのもありではないでしょうか。 そこで頑張ることが出来れば「この企業で1年もつとは・・・こいつは潰しがきく奴かもしれない」と次の会社の人事にアピールできるかもしれません。

このように前向きに考えることで、なにか突破できるかもしれません。

何回も転職していて職歴が多すぎる!場合は?

職歴がないケースとは真逆に、「何回も転職しすぎて職歴が多すぎて困ってる・・・」こういう人も多いと思います。

この場合、いろいろ考え方があると思いますが3カ月未満の仕事や、10年以上前の職歴で1年ぐらいのもの。 そういった職歴に関しては何も書かずまとめてしまう。というやり方もありだと個人的には思っています。

もちろん履歴書や職務経歴書上は空白の期間がでてしまいます。 面接の時に細かく突っ込まれれば、それは正直に答えなくてはいけませんから、もろ刃の剣的なやり方かもしれません。

ただ、職務経歴書はあくまでも面接に進むためのアピール資料ですから、嘘をつかない形であれば「何も書かないでまとめる」 しまってもいいんじゃないでしょうか。

面接の時に突っ込まれたら上手くこたえられるように回答の準備はしておきましょう。